鬱の悩みを医師に相談|モヤモヤ心の曇りを日本晴れ

女性

心の病内容

医者と看護師

医療機関の利用

やらなくてはならないことがあるとわかっていても、どうしても動くことができなくなってしまうことがあります。熱があるとか体のどこかに怪我を負っているとかいう場合であれば、体の不調で動けない理由を見て取ることができます。しかし、見た限りどこも悪い所がないのにも関わらず、思うように体を動かすことができなくなってしまうケースがしばしばあります。周囲の人から怠けているだけだと誤解されてしまうことが多いですが、鬱病にかかっている可能性が高いので、早めに医療機関を受診して診察してもらうのが望ましいです。鬱病は、一言で言ってしまうと、心が風邪をひいたような状態です。先程も言ったように、外見上はこれといった変化が起こらないため、本人も周りの人も病気だと気づかないケースが少なくありません。しかし、鬱病が悪化すると自殺願望が高くなってしまう可能性がありますので、早めに医療機関を受診して適切な治療を受けるようにすることが大切です。外から症状を確認できるような病気ではないため、従来は甘えているだけだと切り捨てられてしまうことが多かったのですが、近年になり、鬱病は誰でもかかる可能性がある心の病だということが広く認知されるようになりました。従業員の鬱病対策に力を入れる企業が増えてきていますので、これからは医療機関で鬱病治療を受ける人が増加するだろうと予想されています。

症状の現れ方

鬱病と聞くと、心が重く沈み込んで何をする気も起こらないような状態を思い浮かべる人が多いですが、症状の現れ方には個人差があります。案外多いのが、欝状態と躁状態が交互に出現するケースです。欝状態に陥っている時期は自己評価が非常に低くなるため、自分は生きている価値がない人間だという否定的な思いにとらわれがちになります。他人との接触を避けて部屋に閉じこもるようになったり、症状が重い場合は自らの命を絶つ行為に出たりします。しかし、躁状態になると状況が一変します。根拠のない万能感に襲われるため、身の丈に合わない高額の買い物をしたり、突然会社を作ってしまったりします。周囲の人から見ると危なっかしくて仕方がないのですが、本人は何でもできる気になっていますので、周囲の言葉に耳を貸さなくなってしまいます。そのような状態が交互に現れることになるため、周囲の人は多大な迷惑を被ってしまいます。しかし、薬物療法等で鬱病を治療することができますので、早めに医療機関を受診するのが一番です。治療開始が遅れれば遅れるほど、治療が難しくなってしまいます。心の病を恥ずかしい病気だと考える人が少なくないため、医療機関の受診が遅れてしまうことが多いですが、早期の対応がとても重要です。