鬱の悩みを医師に相談|モヤモヤ心の曇りを日本晴れ

女性

体が動かない場合

女の人

心療内科の利用

会社に出勤しなくてはならないのに、家を出ようとすると激しい頭痛や動悸が起こり、どうしても家を出ることができなくなってしまうことがあります。頭痛や動悸ではなく、めまいや吐き気、下痢などといった症状が起こることもありますが、会社を休むと決めてしまえばケロッと症状がおさまることが多いため、本人の我儘もしくは怠け病とされてしまうケースが少なくありません。しかし、そのような状態が長く続いていれば、働くことができなくなってしまいます。勤務先からも家族からも出勤するようにと強く責められるのが普通ですが、その結果、余計に出勤できなくなってしまうことが多いです。そのような状態が続いている場合は、鬱病にかかっている可能性が高いです。鬱病は適切な治療で治すことができる病気ですので、早めに医療機関を受診して鬱病の治療を受けるようにした方がよいです。現在行なわれている鬱病治療の方法は、薬物療法が中心になっています。脳に直接作用する薬を内服することによって脳の働きを正常化し、心の安寧を取り戻せるようにします。しかし、脳の働きをコントロールするような不自然な治療は受けたくないと考える人が少なくありません。そのような人は、心療内科を受診してカウンセリング治療を受けるようにするとよいです。カウンセリングの具体的なやり方はクリニックごとに異なっていますが、薬を使わずに鬱病を治せる可能性があります。

発症の原因

鬱病になってしまう原因は人それぞれ皆、異なっています。いわゆる精神病質の人が発症しやすいという説もありますが、その因果関係がはっきりと解明されているわけではありません。実際には、遺伝的要因や環境要因、本人の性格などが複雑に絡み合って発症に至っているケースが多いため、原因不明と診断されてしまうケースが大半です。心と体は表裏一体の関係に立っていますので、原因の追求にいらぬ時間を費やすよりも、まず身体症状を薬などで改善し、結果的に心の状態も改善されるという方向性を取るべきだと主張する医師が少なくありません。その一方で、鬱病を発症させている原因自体を取り除かない限り、根本的な治療は不可能だと主張する医師もいます。どちらの主張にも一理ありますので、一概にこっちはよくてあっちはダメなどと言うことはできません。ですから、治療を受ける際には、患者の状態に一番合った方法で治療を行ってくれる医療機関を選ぶようにすることが大切になります。ただし、患者自身は鬱病のせいで判断能力が低下していますので、患者のそばにいる人が考えてやるようにするのが望ましいです。最近は、職場の人間関係や過重労働などが原因で鬱病になるケースが増加してきています。原因がはっきり特定できる場合は、まずその原因を解決した上で、身体の不調を改善するための医学的治療を受けるようにするのがベストです。