鬱の悩みを医師に相談|モヤモヤ心の曇りを日本晴れ

女性

だれもがかかる可能性が

婦人

抑うつ状態が長引けば

健康な人であっても仕事や人間関係の悩み、大事なものをなくしてしまったり大切な家族を亡くしてしまい憂鬱な状態になることはあります。この普通な憂鬱感と鬱の患者さんの違いはどういったところに違いがあるのでしょう。こうなっているから鬱病だとか、この憂鬱感は病気ではないと決定することはたやすいことではありません。普通の人の憂鬱感というのは悩んでいることに対して、その悩みの原因が取れれば憂鬱感は取れていくものです。鬱病にかかっている人は憂鬱になっている原因がわからず、原因が解決してしまっても憂鬱感は持続しています。普通の人ならば落ち込むようなことがあったとしても、時間がたっていけば癒されてくるものですが、鬱病にかかってしまった人は落ち込んだ気分が継続してしまいます。また仕事や趣味などほかのことに対しても興味がなくなってきてしまい、気持ちを転換するということができなくなってしまいます。この病気の判断は難しく、専門的な病院で診断をしてもらいその症状に合った治療で症状の改善を行っていくことになります。ストレスが大きくある現代では抑うつ的な気分になる人も多くいて、しっかりとした診断をしてもらって治療を行うことが重要になってきます。心の曇りを日本晴れさせましょう。

他の障害と合併することも

抑うつ的な気分のために家事や仕事が手につかない、日常的な生活にも支障が出てくるというときはその症状は問題になってきます。気分をかえてみるための行動も、それさえ行う気がしないとかそれを行うこと自体がおっくうになるようならば、症状が重くなってしまわないうちに病院へ行って相談や治療を行うことになります。鬱病は症状が軽く見える場合であっても治療が必要である病気です。初めは軽い症状だと思っていても適切な治療を行わないうちにその症状が重くなったり、治りにくくなってしまうこともあります。最近では鬱病が単独で起こってしまうのではなくて、不安障害や摂食障害とともにあらわれてくることが多くなっています。摂食障害は食欲に異常が出現してしまうもので、不安障害はパニック障害など不安であるという症状を伴う心の病気全般のことを指します。このような障害と鬱病の合併についてもいろいろな研究がされています。これらの障害が長く続いてくると鬱病になる確率が高くなってきます。この段階で適切な治療を行うことが重要です。この障害には抗うつ薬の投与が有効な手段で早い段階でこの障害を発見して、投薬治療などの適切な治療で障害を取り除くことが重要です。

再発を防止できる療法

悩む男性

鬱病を治療することができ、なおかつ再発もなかなか起きないことで海外では多くの医師が利用している認知行動療法という治療法があります。日本ではまだまだ広がっていないのですが、少しずつ認知行動療法を取り入れるところも増えてきています。

» 読んでみよう

心の病内容

医者と看護師

鬱病は、誰でもかかる可能性がある心の病です。単なる怠け病だという誤解を受けやすいですが、れっきとした病気ですので、医療機関を受診して適切な治療を受けるようにするのが望ましいです。早く治療を受け始めるようにすれば、その分だけ早く鬱病を治せるようになります。

» 読んでみよう

体が動かない場合

女の人

鬱病になってしまう原因は様々ですが、医療機関で適切な治療を受けるようにすれば、鬱病を治すことができます。強い薬を飲む治療は嫌だという人が少なくありませんが、そのような人は心療内科を受診してカウンセリング治療を受けるようにするとよいです。

» 読んでみよう

患者自身の意識が大切

相談

鬱症状を伴う精神疾患を患い治療を行う際には、再発率の高さに注意することが大切です。また、昨今では同じような鬱症状を伴う精神疾患であっても症状やストレス要因などに応じて疾患名の診断が変わり、それに伴って適切な治療法も変わり得るということも精神疾患を克服する上では意識しておくべき重要な要素となるのです。

» 読んでみよう